プライバシーについて考えてみると何とも奥深い

2018年8月31日 投稿者: admin

プライバシーは誰に対して持つ?

プライバシーと言えば、人に知らせる必要がないことや知って欲しくないことなど、言ってみれば個人の情報そのものだと思います。人が存在する限りプライバシーというものも存在します。プライバシーを持っていたとしても、周りに人が誰もいなければプライバシーを侵害されることはありません。プライバシーというものは、犬や猫に対して持つものではなく、他人がいてこそ初めてあるものだと言えるのです。つまり無人島で一人で暮らしているなら、プライバシーはないも同然だということになります。

プライバシーを持っているということ

プライバシーは、誰にとっても守るべきものだということは間違いない事実です。個人情報がいつのまにかに流出してしまったり、悪用されてしまったりする問題が多くなっている現代ではありますが、プライバシーがない世界に住むよりかは、もしかしたら幸せなのかもしれません。プライバシーのない世界というのは、自分以外の人間がいないような世界になります。誰もがプライバシー流出を恐れていますが、プライバシーがある世界というのは、他人がいる…相手がいる…友達がいる…つまり人間の世界に住んでいるということになるのです。

プライバシーが守り合える関係

見ず知らずの他人には教えない情報でも仲の良い友人には教えますよね。友達には言えないが親兄弟になら言えることもあるし、親にはどうしても言えないことが親友に言えるという場合もあります。プライバシーの壁の高さというものは相手によって変わるものです。人と人との関係は、相手のプライバシーを考えながら作っていくものなのです。プライバシーについて深く考えてみることは、 より良い人間関係を築くためのきっかけになることでしょう。

シュレッダーとは、不要になった書類を細かく切り刻む機械のことです。手動のものも電動のものもあります。